モンブラン マイスターシュテュック ル・グラン 146

あっという間の2014年、年末だ。使用頻度が少なくなった万年筆のインクを抜いたりの大掃除をしていて、やっぱり今年最後に書いて置かなければと思ったのはモンブランの万年筆。 このブログを書き始めた頃に書いた、万年筆への想い、...

続きを読む

中学生が選ぶ文房具色々

中学生の息子が文房具を買いに連れて行けと言うので、付き合って見た。 いまどきの中学生がどんなものを愛用しているのとか興味があるわけで、ならばと大手の文具屋で好きに選ばせて見たところ、 流石に、小学生の頃と違って、キャラク...

続きを読む

スケルトン、透明軸の万年筆

透明な軸の万年筆に色々インクを入れるとさぞかし綺麗に映えるんじゃないか、と物色していたところ、縁あって手元にやってきたのが写真手前のセーラーのプロフィットである。セーラーの海外モデルらしい。 奥の一本は、ナガサワ文具店の...

続きを読む

万年筆の洗浄と古い万年筆の楽しみ方

万年筆のインクの色を楽しむ事を覚えてしまい、おそらく一生かかっても使いきれることがないインクは増える一方だ。 それはさておき、いわゆる万年筆のメンテナンスで私たち一般の個人が出来るものというと正直、ボディの汚れを拭き落と...

続きを読む

Thinking Power Notebook Future とBackTOO

ツバメノートのコラボ ツバメノートのOEM商品である、文庫本サイズのThinking Power Notebook(シンキングパワーノートブック)の Future(フューチャー)。 気になっていた牛革製の専用のカバー、B...

続きを読む

キングファイル ORETTA(オレッタ)

フリーランス同士、同じ企画などで仕事をする事の多いR女史の手帳はキングファイルのオレッタ。以前の私と同じく根っからのWEB人ゆえ、手帳の類はほぼ必要としないと断言する潔さ。 アイデア出しもマインドマップ等を使ってPCでや...

続きを読む

プラチナ万年筆 #3776 CENTURY ブラック

書くという事に目覚め、手帳に目覚め、既に私の手帳やノートの消費量は、かなりの量になっただろう。一般的な方々よりも多く文字を書いているのは間違いない。今やお気に入りの一本となっている#3776のブルゴーニュはそろそろ私の手...

続きを読む

Amazon 通販

万年筆等を購入する際には専門店で薀蓄と共に入手するのが良い、と言う話を書いたけれど、例えば消費の早いメモやノートを始めとするリピート商品、文具店では手に入りづらい商品などはAmazonを利用する事が多い。 >>> 万年筆...

続きを読む

ツバメノートA6版 Thinking Power Notebook Future

紀伊國屋のツバメノートが並ぶコーナーにあったこのノートを試しにと購入したら、このノートが今の私のスタイルの一つにぴったりで、調子が良い。品番の無い変わったツバメノートかと思っていたら、ツバメノートが作っているいわゆるOE...

続きを読む