シャーペン、ボールペン、万年筆など、筆記具について。

ジェットストリーム プライムの替芯

数日前の話だ、自宅での使用頻度の高いジェットストリームの三色ペンの黒インクが書けなくなってしまった、インク切れである。 あろうことか、替芯が無い。愛用のモンブランをはじめ、パーカー互換の替芯は結構な数が手元にあるものの、...

続きを読む

PARKER(パーカー)互換のボールペン

ボールペンにはそれほど愛着が持てないでいる。もちろん、それなりには一応あれこれと手にしてはいたりする上での話である。>>> モンブラン ボールペン の話 パーカー互換のリフィルなどは堪えるのが大変だったくらいに面白そうな...

続きを読む

モンブランのボールペン

モンブランの146をはじめ、プラチナのセンチュリー、セーラーのプロフィット等の万年筆を各社のインクと共に楽しんでいると言う話をあれこれ書いては来たが、正直、日常使いでは、万年筆が使えない場面が多々あるのが本当だ。 例えば...

続きを読む

マイスターシュテュック146

愛用のマイスターシュテユック146の話をもう少し続けて見よう。 モンブランの筆記具と言えば、キャップのてっぺんのホワイスター。万年筆にもボールペンにもこのホワイトスターがひと目で見て判るモンブランの象徴だ。 スターという...

続きを読む

モンブラン マイスターシュテュック ル・グラン 146

あっという間の2014年、年末だ。使用頻度が少なくなった万年筆のインクを抜いたりの大掃除をしていて、やっぱり今年最後に書いて置かなければと思ったのはモンブランの万年筆。 このブログを書き始めた頃に書いた、万年筆への想い、...

続きを読む

スケルトン、透明軸の万年筆

透明な軸の万年筆に色々インクを入れるとさぞかし綺麗に映えるんじゃないか、と物色していたところ、縁あって手元にやってきたのが写真手前のセーラーのプロフィットである。セーラーの海外モデルらしい。 奥の一本は、ナガサワ文具店の...

続きを読む

万年筆の洗浄と古い万年筆の楽しみ方

万年筆のインクの色を楽しむ事を覚えてしまい、おそらく一生かかっても使いきれることがないインクは増える一方だ。 それはさておき、いわゆる万年筆のメンテナンスで私たち一般の個人が出来るものというと正直、ボディの汚れを拭き落と...

続きを読む

プラチナ万年筆 #3776 CENTURY ブラック

書くという事に目覚め、手帳に目覚め、既に私の手帳やノートの消費量は、かなりの量になっただろう。一般的な方々よりも多く文字を書いているのは間違いない。今やお気に入りの一本となっている#3776のブルゴーニュはそろそろ私の手...

続きを読む

プラチナ万年筆 #3776 CENTURY ブルゴーニュ

万年筆のように、それなりの金額を出す必要があり、選ぶ基準として趣味趣向も大いに必要な道具は特に、相棒と呼べる自分にとっての逸品に巡りあうには何年もかかることは間違いないだろう。 近道は無い、とはいえ、まず、おすすめするの...

続きを読む