ツバメノート

1947年のスタートから現在まで変わらぬ表紙デザインでコクヨのキャンパスノートに次ぐ販売数を誇るのがツバメノートだ。

と、書いておきながら、正直、二番目だとか、そういう事はどうでも良かったりすると白状しておこう。

コクヨというビッグブランドのキャンパスノートの事を多分、知らない人は居ないのではないだろう。

そのキャンパスノートに続いての二位なのだから、凄いのだぞ、という事をいいたいのは判るが、一位との差とか、三位や四位がどうなっているのか、そのあたりの事が全く判らないので、やはりどうでも良いことなのは間違いない。

よほど目の前の興味のある事以外は一切興味は無い、という人以外は絶対に見覚えがあるはずだ。日本中のコンビニからスーパーまで何処ででも手に入るキャンパスノートは家の中に一冊や二冊はあるのではないだろうか。

キャンパスノート

ご覧の通り、タイミング良く息子が新学期用にと買ってきたノートは指定の特殊ノートを除けばキャンパスオンリー。二位との差は相当な物に違いない。

話が脱線したが、ツバメノートの話だ。

国民的なノート、キャンパスに比べて、紙質がどうの書き心地がどうの、一万年保存が出来る、筆記具との相性がどうの、そういう話は他のツバメノートファンに任せておく。字を書く事のプロと呼ばれる連中がこぞって愛用してるだけでその良さは言わずもがな、ということである。

そうではなくて、私がツバメノートに惚れ込む理由、それは浅草という東京の下町で、私が生まれる20年も前から良いノートを作って一儲けするぞと、後継者が居なくて存命の職人が一人でも欠けたらノートの仕様変更は避けられないというぎりぎりの状態で、理想とするノートを作り続けてるという、その職人気質に私は心底惚れている。

ツバメノート

ノート綴じてある部分のツバメのマークと品番が良い味を出している。無罫は文字通り罫線無しの無地、WはB5でHはA5。30は30枚、50は50枚の紙、Sは横罫。マークだけのものもあるし、関連性については解説はまだ出来ないが、このマークについて、ちょっと徹底的に調べてみたいなという衝動にかられている。

いずれは消えて無くなってしまうかもしれない儚さが良い。

例えば罫引き、例えば糸綴じの製本、例えば別抄きのフールス紙。

実際に最近の話では、2011年には罫引きの職人が体調を崩して罫引きが出来なくなるとの通達が出ていたそうだ。また、以前のツバメノートには一枚一枚にツバメのロゴマークの透かしが入っていた。ところがその透かしを入れる機械が時代の流れと共に修復ができなくなり、今のツバメノートには透かしはなくなってしまった。

使い勝手、書き心地が悪い訳が無いと、他社と比較すること無く心底思い込む事が出来るノートである。

手元に置き、プライベートも仕事も関係なく、ここ一番の新しい物事の始りは、ツバメノートからスタートすると調子が良い。私にとっては神頼みのノートなのだ。


スポンサーリンク

コメントを残す