トラベラーズノートになった訳

手帳がマストアイテムとなる生活を大切にしたい、と宣言して手帳が共にある暮らしに戻った訳だが、なぜトラベラーズノートを手にしたか、という事を書いてみたい。

手帳がマストアイテムになった理由はこちらから >>>>>>

手帳との日々を大事にすると言ったものの、私の生業は依然としてフリーランスのWEB屋。WEBでの情報収集に始り情報の選択、整理は外せない毎日の作業なのは相変わらずだ。

これまでの暮らしを否定するつもりは全くない、これからは上手に付き合えば良いだけの話である、何も変わらない。

仕事の打ち合わせはPCを前にして喋った方が話は絶対に早い。このブログを始め、fbなどあちらこちらに仕事の延長線の駄文は書き散らしているので、手帳を手に取り、日記の様な類の物をあらためて書く気にはまったくなれない。

では、要らないじゃないか、手帳などは。

そうなのである、要らないのだ。要らなかった、という言い方が正しい。今、手帳と共にあるのは私が生きる為。私の手帳は私の内なる思考、私が生きていく為の知恵が詰まったものでないといけない。

書く必要のあるアイデアやスケジュールは徹底的にポストイットに書き込んでスマホで取り込んでデジタル化する。仕事の予定やスケジュールの様な俗な物は一切排除、いつもスマートな手帳である必要がある。

チケットやその日の外出に必要な資料を挟んで持ち歩ける事ができればそれで良い。そして、ほんの少しだけ私自身の事を未来の自分に書き残す紙とお気に入りの筆記具があればそれでいい。

自分好みに育てる事の出来るトラベラーズノートしか選択肢はなかったのだ。


スポンサーリンク

コメントを残す