スケルトン、透明軸の万年筆

透明な軸の万年筆に色々インクを入れるとさぞかし綺麗に映えるんじゃないか、と物色していたところ、縁あって手元にやってきたのが写真手前のセーラーのプロフィットである。セーラーの海外モデルらしい。 奥の一本は、ナガサワ文具店の...

続きを読む

万年筆の洗浄と古い万年筆の楽しみ方

万年筆のインクの色を楽しむ事を覚えてしまい、おそらく一生かかっても使いきれることがないインクは増える一方だ。 それはさておき、いわゆる万年筆のメンテナンスで私たち一般の個人が出来るものというと正直、ボディの汚れを拭き落と...

続きを読む

プラチナ万年筆 #3776 CENTURY ブラック

書くという事に目覚め、手帳に目覚め、既に私の手帳やノートの消費量は、かなりの量になっただろう。一般的な方々よりも多く文字を書いているのは間違いない。今やお気に入りの一本となっている#3776のブルゴーニュはそろそろ私の手...

続きを読む

ツバメノート

1947年のスタートから現在まで変わらぬ表紙デザインでコクヨのキャンパスノートに次ぐ販売数を誇るのがツバメノートだ。 と、書いておきながら、正直、二番目だとか、そういう事はどうでも良かったりすると白状しておこう。 コクヨ...

続きを読む