スケルトン、透明軸の万年筆

透明な軸の万年筆に色々インクを入れるとさぞかし綺麗に映えるんじゃないか、と物色していたところ、縁あって手元にやってきたのが写真手前のセーラーのプロフィットである。セーラーの海外モデルらしい。

奥の一本は、ナガサワ文具店の万年筆の組み立てイベントで貰ったパイロットのノベルティみたいな一本。

セーラー プロフィットスケルトン万年筆

思った通り、スケルトン軸は、神戸インクなどお気に入りのインクをあれこれ使うのが楽しかったのは予想通りだったので、満足な一本となった訳だが、もう一つ嬉しい発見があった。

セーラーの万年筆の書き心地の良さである。国産の同価格帯の万年筆には、愛用のプラチナのセンチュリーなどもある訳だがペン先の滑りや短めの軸など書き心地が私にあっているのか、走り書きをしていても実にしっくりと文字が書ける。

セーラーニブ比較

セーラーボディ比較

スケルトン軸がどうこうではなく、セーラープロフィットは既にお気に入りの一本となっており、他のモデルも使ってみたくなったのは間違いなく、あれこれと物色中だ。

さらにこうなると、もう一つの国産万年筆の雄、パイロットの同クラスの万年筆の書き比べも必要だなと思った次第。

それにしても、次から次へと出てくる気になる魅力的な一本に振り回される万年筆道楽、デザインで悩み、ペン先で悩み、書き心地に悩み。文具の底知れない魅力に改めて感心させられた透明軸の万年筆の話である。


スポンサーリンク

コメントを残す