筆記具の話

手帳を語れば、当然筆記具にも話が流れるのは当然の事だろう。そして書くことの最高峰の道具と言えば万年筆だと勝手に私は思ってる。万年筆は憧れだった。モンブランにパーカー、ペリカン。若いころの私の稼ぎでは到底手を出せなかったのが万年筆だ。

バブルな時代が終わりを迎え世の中が暗いニュースばかりだった頃だったと思う。うだつの上がらないその日暮らしの中、やっとの事で、雑誌や新聞の連載仕事を貰い意気揚々と雑文を書いていた頃に、数少ない理解者だった叔父にプレゼントされたのが、万年筆の定番の一つ、モンブランのマイスターシュテュック146。本当に大事に使い愛でていたものの、何分出番が無い。

なぜなら、当時の私の書くという仕事はフィールドワークを中心に成り立つ分野の執筆で、それはスマートに机に座り、モンブランの万年筆を原稿用紙に向かって走らせるとかいうイメージとは程遠かったのである。

カメラをぶら下げ取材にでかけ、道端で、運転する車の中で、移動中のバスや電車の中で、安宿で、寝袋の中で、とにかく紙と筆記用具があったら何処ででも書くことが出来る、そんなスタイルが自分自身も好きだったし、何よりもそういう書き物にモンブランは似合わない。

少々の雨風はどうってこと無い、コクヨのウォータープルーフのレベルブックにプラチナのプレスマンシャープペンというのが私らの様な雑文書きの定番、そして長年の相棒になってしまった。自宅に帰っての書き物は、原稿用紙からワープロ入稿の時代になり、今ではパソコンデータが当たり前、私は憧れの万年筆の良さを知らずに、そして、語れないまま歳をとり、フィールドワークからは遠ざかってしまったのである。

三菱鉛筆 ジェットストリーム

代わりに、どこででも気兼ねなく使えるリーズナブルな筆記具は散々使い倒してきた。前途のプレスマンは今でも数本必ず持ち歩く。プレスマンはかれこれ20年来の付き合いになるが、近年の愛用はボールペンに取って代わっている、三菱鉛筆のジェットストリームだ。これもまた手の届くところに幾つも転がっている。

現在の私の愛用の手帳、トラベラーズノートにはジェットストリームプライムが相棒だ。ジェットストリームを愛用していると、出先でも忘れた、紛失したと言っても、安いラインならたいていのコンビニで手に入るのが嬉しい。

そして今、再び万年筆熱が再燃しだしているので悔しくてしょうがないのだが、大切なマイスターシュシュテュックを出張先で紛失してしまったのである。思い出しただけでも本当に悔しい、唯一何十年も使い続けて来た、と語る事が出来る万年筆になったかもしれなかったのに。

これから十年後、万年筆と共に時を積み重ね、とっておきの話が書ける様になったら、またじっくりと語ってみたい、語れる日がくれば良いなと思う。

万年筆


スポンサーリンク

コメントを残す