PARKER(パーカー)互換のボールペン

PARKER(パーカー)互換のボールペン

ボールペンにはそれほど愛着が持てないでいる。もちろん、それなりには一応あれこれと手にしてはいたりする上での話である。>>> モンブラン ボールペン の話

パーカー互換のリフィルなどは堪えるのが大変だったくらいに面白そうなネタであるのは本当で、いずれはまたボールペンが泥沼コレクションに加わるのかと思うとぞっとしたりはする。

PARKER(パーカー)互換のリフィル

PARKER(パーカー)互換のボールペン

PARKER(パーカー)といえば、英国王室御用達という言葉で讃えられる、フランスのブランドな訳だが、流石に世界のパーカーだけあって、パーカー社が自社の油性ボールペン用に開発したリフィル(替芯)は国際規格として定められ、各社のブランドがPARKER(パーカー)互換サイズのリフィルを展開するようになっているという訳だ。

例えば、よく知られるブランドでいうと、アウロラやペリカンにデルタにと、ほぼほぼ全てのボールペンは互換性があったりする。日本のブランドでもセーラーやプラチナなどがPARKER(パーカー)互換サイズのリフィルを使っていルモデルがある。

これまた、各社サイズは同じだというものの、書き味はそれぞれ違っており、そうなるとルックスお気に入りなペリカンのボールペンのリフィルが国産だとかいう組み合わせ、みたいな展開が可能となったりするわけである。

文房具な集まりでは、ボールペーンは何使ってるの?という話になると、PARKER(パーカー)互換だったりすれば眼の色が変わる訳ですよ。気に入った書き味のリフィルに出会える可能性がある訳なので。

非常に残念な事に、私の愛用のモンブランはPARKER(パーカー)互換ではなく独自のブランドの企画だったりして、同じヨーローッパなのにと、悔しく思うことしきり。

PARKER(パーカー)互換のボールペン

とは言え、またややこしい好きものの話があって、パーカー互換のリフィルアダプターというのが存在するのだ。

これを使うと「モンブランの中身がジェットストリーム」これが実現出来る訳で、やってみない手は無いという話で、実際に私のモンブランのリフィルはジェットストリームだったりする事があるのである。

PARKER(パーカー)互換のボールペン


スポンサーリンク

コメントを残す