万年筆の洗浄と古い万年筆の楽しみ方

万年筆のインクの色を楽しむ事を覚えてしまい、おそらく一生かかっても使いきれることがないインクは増える一方だ。

それはさておき、いわゆる万年筆のメンテナンスで私たち一般の個人が出来るものというと正直、ボディの汚れを拭き落としたり、インクを交換したりする際の洗浄ぐらいしか無いんじゃないだろうか。ペン先の調整などは間違いなく専門家の仕事である。

洗浄といってもたいした事をするのではなくて、分解した万年筆のペン先部分をぬるま湯に浸けて、インクが滲み出てこなくなるまで洗い続けるだけ。自分がすることはぬるま湯を時々交換することぐらいだ。

万年筆 洗浄

インクが水に溶け出す様を眺めるのは結構楽しい作業で、洗浄するコップにまでこだわる向きもいるそうで、その気持は判らなくもない、私も今、デスクの上に置いて眺めるこだわりのコップを物色中である。

万年筆 洗浄

しっかりと洗浄したら後はしっかりと乾燥させるだけ。新しい色のインクを入れて楽しむなり、コレクションケースに入れるなり、そんな感じだ。

最近、またひとつ面白い楽しみを見つけている。目上の方々の所へ出かけた際に、古い万年筆などは無いか?と尋ねると、必ず一本や二本の万年筆が出てくる。一昔前は万年筆が当たり前だった時代の名残だ。

写真は私の親父殿のペン立てでホコリをかぶってたもので、持ち帰り丁寧に洗浄したら、普通に使える万年筆となって満願の笑み。コレクションは増え続けるばかり。

パイロット エリート

写真手前はパーカーの万年筆、いつ頃のものか、などは自分の知識では特定出来ないのが残念だが、奥の万年筆は一時代を作った万年筆である。1960年から1970年代にかけて国産の万年筆はショートボディが主流となって流通していたそうで、パイロットからはエリートというモデルが大橋巨泉の「はっぱフミフミ」というCMで大ヒットとなったのだ。

2013年にパイロットからエリートという名の万年筆が発売されたのだが、その元となったモデルがこの万年筆という訳なのだが、こうして親父が使った万年筆を手にしていると、どうしても現行モデルのエリートを手にしたくなるのはいうまでもない。


スポンサーリンク

コメントを残す