DUX(ダックス)インクボトル鉛筆削りと肥後守

DUX(ダックス)インクボトルシャープナー

DUX(ダックス)のインクボトル型のシャープナー。蓋の部分がシャープナーになっており、色鮮やかなインクボトルの中に削りカスが溜まる仕組みだ。

DUX(ダックス)インクボトルシャープナー

鉛筆を立てたままの姿も悪くない。

小型の携帯タイプの鉛筆削りはduxが良い、更に現在物色中。替刃まで用意されている鉛筆削りなど、そうそう無いだろう。

DUXの創業は1908年、世界初の手動の鉛筆削機としてドイツで誕生した。このインクボトルの鉛筆削りにしても、800円やそこらの値段でガラス瓶の本体だ、我々日本人にも通じる、ドイツの職人気質が生み出した逸品なのは間違いない。

最近、筆記具の事を良く書くが、鉛筆は本当に使わなくなってしまった文具かもしれない。とは言え、全く使わないという事ではない。

文具を物色していると、時々この鉛筆削りのような、どうしても手にして傍に置きたい物が出てきてしまい、そうなると、鉛筆削りには鉛筆、という具合で、セットで必要になる鉛筆を引っ張りだしてきて削って楽しんでみたり。

このブログのタイトルは手帳であるが、手帳と筆記具、筆記具と万年筆、万年筆とインク、文具の世界は果てしなく深い関わりでつながり、私の中ではデスクの上での楽しみの一つとして鉛筆も必需品となっている。

鉛筆削りと言えば子供の頃に父親に教えられた小刀での鉛筆削り。私の小型ナイフの類のコレクションの中に、肥後守(ひごのかみ)があって、これは本当に鉛筆削りにはもってこいだ。一口に肥後守と言っても、各地で作られるかなりの種類の肥後守があって、未だに見たこともない様な肥後守が幾らでもあるという面白い道具である。

肥後守

数百円から入手出来て、研ぎやすく、デスク周りのナイフとしてはこれ以上のものは無いほど完成された道具じゃないだろうかと思ってる。

私も何本か所有しているが、日本の肥後守に対して、フランスにはOPINEL(オピネル)というナイフがあって、この小型ナイフが日本の肥後守の如く、刃物の扱いの最初の道具として受け継がれる逸品だったのではないかと思う。

OPINEL(オピネル)

過去形なのは、やはり日本では肥後守などを知る者も少なくなっているのは間違いないだろうという現実がある。フランスではどうなのか?本当の所は調べる由もないが、それは職人の国で起こっている運命ではないかと想像する。

鉛筆の削り方は、私も今のうちに、息子に伝えておこうかと思ったりしている。


スポンサーリンク

コメントを残す