プラチナ万年筆 #3776 CENTURY ブルゴーニュ

万年筆のように、それなりの金額を出す必要があり、選ぶ基準として趣味趣向も大いに必要な道具は特に、相棒と呼べる自分にとっての逸品に巡りあうには何年もかかることは間違いないだろう。

近道は無い、とはいえ、まず、おすすめするのは専門店での話を聞いて回ることだ。ともすると、専門店というのは店にも入りづらく敷居が高いと決まっているが、あらゆる商品に精通しているのは当然、的確な商品選びのヒントを与えてもらえる可能性は高い。

恥ずかしがる必要は無い、思っている事を率直に尋ねて見ると良い。使った事は無い、金は無い、なんでも良い。思ってる事全部だ。万が一、適当な受け答えをするような店だったら直ぐにその店は出て行けば良い。

主役は万年筆という道具だとはいえ、専門店の人間との相性というものも当然あるだろう、自分の五感に従って相性が悪いなと思う店には近寄らなければ良い。

幸い、私の住む大阪にはメディアにも良く紹介される万年筆専門店が結構な数ある、万年筆を使うにあたっては知らない事だらけだ、何軒かの万年筆専門店に一日かけて足を運んでみた。

プラチナ万年筆 #3776 CENTURY ブルゴーニュ

そして、何軒かのショップで紹介されたのがこのプラチナの#3776である。

話を聞けば、亡くなった万年筆のコレクターとしても有名だった作家を中心に、何人もの好き者が吟味を重ねて作り上げた渾身の一本で、モンブランの万年筆のペン先にはヨーロッパアルプスの最高峰であるMt.モンブランの標高4810が刻まれているが、国産のプラチナ万年筆はモデル名に、ご存知、日本一の富士山の標高である3776を付けてのだ。

正直、今のところ使い勝手がどうだとかは一切判らないが、開発エピソードが気に入った。値段も一万円と実に手頃。偶然だけれど、私が長年使い続けているシャープペンもプラチナだ、このメーカーとは縁がある。しばらくはこの#3776のいくつか種類のペン先とじっくりと付き合って、万年筆はこういうものだと体に染み込ませ、万年筆を教えてもらおうと思う。

10年後、どれだけ万年筆を語れる様になっているかが楽しみである。

一口に#3776と言っても色々とbodyの材質などの種類があって、色鮮やかなフランスワインの色ブルゴーニュというモデルに一目惚れ。愛用の手帳、トラベラーズノートとの相性もバッチリだと自画自賛している。


スポンサーリンク

コメントを残す