Thinking Power Notebook Future とBackTOO

ツバメノートのコラボ

ツバメノートのOEM商品である、文庫本サイズのThinking Power Notebook(シンキングパワーノートブック)の Future(フューチャー)。

気になっていた牛革製の専用のカバー、BackTOO(バックトゥー)ももちろん入手した。思った通りの使い心地で、今では手放せないノートの一つとなり、トラベラーズノートと共に手元に置いて活躍中だ。

>>> Thinking Power Notebook Future
>>> ツバメノート

Thinking Power Notebook Future とBackTOO

このバックトゥー、革小物「COBU」(コブ)を展開する小泉製作所とThinking Power Projectという、シンプルで実用的な上質の商品を世に送り出している二つのプロジェクトのコラボレーション商品である。

一冊の飾り気の無いノートとシンプルな一枚革で出来たカバーではあるが、使ってみればすぐに理解出来ると思う、愛着が沸くこだわりのノートを使う楽しみを。

愛用の筆記具とバックトゥー。ベッドの傍ら、愛犬のそばで。このノートの私の使い方は、とにかく気軽に身軽な上質なノート。そこら中に持ち出して、駄文を書き連ねているのは言うまでもない。

そして、ふと思った事がある。この文庫本サイズのノートを使うことが、これほど実用的に楽しめるのであれば、もしかすると、愛用のトラベラーズノートのパスポートサイズも、実用的に手帳が楽しめる逸品になるなのではないかと密かに思っている。

外出する際に、今日は度の手帳を持つか(トラベラーズかバックトゥーか)、筆記用具は?と選ぶ訳だが、最近は目に見えてこのバックトゥーを選ぶ事が多くなったかもしれない。軽量コンパクト、そして、万年筆の走りの良さ。

判る人には判る逸品なのだ。


スポンサーリンク

コメントを残す